ホームへ戻る

folder

boader

60年の歴史を持つ芸術系総合大学院

 60年近く歴史を重ねる日本大学大院芸術学研究科は、昭和26年(1951年)に修士課程文芸学専攻からスタートしました。専門分野の更なる研究と創作を行うとともに、隣接領域の芸術と触れ合い、広い視野をもって芸術を理解することを目的として、平成5年(1993年)より映像芸術専攻・造形芸術専攻・音楽芸術専攻・舞台芸術専攻の専攻を増設し、学部学科を基礎とした大学院として大きな一歩を踏み出しました。更に、平成7年度(1995年)からは、博士後期課程芸術専攻を開設し、芸術系総合大学院として幅広い知識と技術を持った人を育成しています。

芸術学研究科

Doctoral Course
博士後期課程

The Arts Major
芸術
Masters Course
博士前期課程
Literary Arts Major
文芸学
Image Arts Major
映像芸術
Fine Arts and
Design Major
造形芸術
Musical Arts Major
音楽芸術
Performing Arts
Major
舞台芸術
芸術学部

Literary Arts

文芸学科

Photography
Cinema
Broadcasting

写真 映画 放送

Fine Arts
Design

美術 デザイン

Music

音楽

Drama

演劇

造形芸術

研究活動を通じて育まれた「知」と、「知」に支援された「感性」の両者を合わせもつ人材の育成こそが、学部課程の発展形としての博士前期課程の主たる教育目標です。より高度な専門性の涵養をめざす一方では、造形芸術専攻を構成する絵画・版画・彫刻及びコミュニケーションデザイン・インダストリアルデザイン・建築デザイン、造形理論の各分野が領域をこえて、創造的な交流をはかるための多様な機会も用意されています。
伝統の知恵と情報化・国際化という時代の趨勢を独自のテーマ設定と方法論の構築を通じ、いかにして創造と研究の糧として取り込むか。ここに視覚文化の優れた担い手の養成をめざす造形芸術専攻の不断の目標があります。

The primary goal of this major as a developmental stage of undergraduate course is to foster the students with artistic abilityas well as intellectual one. it is assumed that the fomer is strengthened and given direction by the latter.
Although the training the students with skills and technical knowlege in respective field of pating, printmaking, sculpture, and design disciplines including communication, industrial and architectural designs along with the theory of plastic art the encompasses them is more than important, the creative interactions among the fields that consititute this major is strongly encouraged. Training the students with sensitivity to traditional culture and to the age of infomation and globalism, a prerequisite for the creation of visual culture in the future,is what this major is aiming for.

boader

Copyright (C) 2017 Nihon University Graduate School of Fine Art and Design Master Course. All Rights Reserved.